高収入バイトならキャバクラ。昼キャバも働きやすい。

相場

hataraku

キャバクラは、高収入が期待できる仕事の1つである。
基本的な時給は、2000~3000円が相場である。ちなみに、2013年12月におけるアルバイトの全国平均時給は949円である(マイナビバイトより)。すなわち、キャバクラの基本時給は、一般的なアルバイトの2倍以上であるとわかる。
これに加えて、店のシステムに基づく指名料やボーナスなどが加わることがある。

以下に、キャバクラでアルバイトしている女性の月収の一例を挙げる。なお、18:30~20:00までの時給が2000円。21:00以降の時給が4000円である。
・週に1回のみのアルバイトで、月収7万9800円。
・週に3、4回のアルバイトで、月収49万4360円。
その他、勤務日数や指名数などによっては、月収100万円以上の高収入を得ることも可能である。

給料体系

キャバクラの給料システムは、店によって異なる。一般的には、以下の4つに分類できる。
【ポイントスライド時給制】
キャバ嬢毎に、指名された本数や同伴出勤の本数がポイント化される。そのポイントによって、月毎の時給が決定する。客1人当たりが使った額が少くても、多くの客をさばくことで高収入を得ることができる。
【売上スライド時給制】
各キャバ嬢の売上によって、時給が変動する。売上とは、自分を指名した客が使った額から税金やサービス料などを引いた合計を指す。客の人数より、いくら使ってもらえるかが高収入を得る鍵となる。
【給率時給制】
売上と給料との割合によって、時給が変動する。
【完全売上バック制】
売上に対して、決められた割合の給料が支払われるシステムである。その割合を、バック率と呼ぶこともある。完全売上バック制の店では、一般的に時給は設定されていない。

条件

hostess

キャバクラで働くには、満18歳以上でなければならない。
キャバ嬢の多くは、10代後半~20代前半である。ただし、店によって年齢層が異なる。
一般的に、待遇が良いことが多い。各自が好きな時に働ける、自由出勤制を採用している店が多い。

求人情報は、インターネット上で幅広く提供されている。女性向けの高収入求人情報を集めたポータルサイトも充実している。
一般的に、採用選考時には面接が行われる。近年では、携帯電話で自分の写真を送って採用の可否を決定する「写メール面接」を行う店もある。そのため、遠隔地からでも応募することができる。
水商売の店の多くは、体験入店を受け入れている。本入店する前に、店の雰囲気や仕事内容を知ることができる。
1つの店に応募するのではなく、登録型や派遣型の働き方も可能である。希望エリアや業種を登録しておけば、条件に見合った仕事を紹介してもらうことができる。


OUT LINK

神戸で女の子に評判のキャバクラ求人@Pinks[ピンクス]

大阪で楽しめるセクキャバなら|びじん館~艶~
大阪の昼キャバで働きたいなら|2キャバ大阪昼ナビ
宇都宮でキャバクラのアルバイト探しなら情報満載のこちら|ビースタッフネットナビ